旧淀川キリスト教病院の解体が始まるそうです。跡には何が?

LINEで送る

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

東淀川区の病院といえば真っ先に思い浮かぶのが、通称淀キリこと淀川キリスト教病院

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

ちょうど4年ぐらい前の2012年に淡路から柴島に移転し、

大阪市から45億で買収したという駅前の広大な土地に、立派な建てものが建っているわけですが、

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

旧病棟は手付かずで残ったまま。
これどうなるんだろう?と前を通る度に思っていましたが…

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

6月からついに解体が始まるそうです!

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

中は塀で見えないようになっているのですが、

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

カメラをつっこんで撮ってみると、まだまだキレイな状態で残っています。もっとゴースト化してると期待したんですけどね(笑)

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路

解体工事は2017年末ごろに終える予定とのことでしが、これだけデカイ建物だと解体だけで1年半もかかるんですね。

解体が始まるということは、跡に何が決まったのか!?とワクワクしましたが…

情報筋に確認しましたところ、多分何も決まってないとのこと。

追記⇒多分と書いていましたが、確定のようです。何も決まっていませんが、レンガなどが剥がれて危ない可能性がある為とのことでした。

ざっ残念。

歌島豊里線

阪急の高架化が遅れているので、なんともですが、菅原からの歌島豊里線と繋がれば、新大阪まで繋がる重要な道になるはず。
この広大な敷地をぜひ有効活用して頂きたいものです。


淀川キリスト教病院跡地はこのあたり

大阪府大阪市東淀川区淡路2丁目9

(ノット)

LINEで送る

ページの上へ