淡路の旧淀川キリスト教病院の空中通路がついに解体!下の道はなんと○ヶ月も通行止めになるんです!

LINEで送る

旧淀川キリスト教病院 解体 淡路(2016年5月頃撮影)

旧淀川キリスト教病院の本館と西館。去年6月頃から解体工事が始まって、建物はほとんど解体済み。しかし、ほとんど手がつけられていないのが、

淀キリ空中通路

旧本館と西館を繋いでいた空中通路。写真ではちっちゃく見えますが、

淀キリ空中通路

下から見ると結構な迫力。撤去中に何かが落下すると一大事になりかねないので、通行止めになるだろうとは思っていたのですが、その通行止めの詳細が判明しました。その期間というのが、

淀キリ

なんと3月13日~5月3日の2ヶ月弱!23時~翌5時までの夜間6時間が通行止めになるようです。夜しか工事が出来ないので、2ヶ月くらいはかかってしまうんでしょうか。

淀キリ通行止め

下には迂回してくださいと書いているのですが、この図ではなかなかわかりにくいような(笑)

こちらの道を迂回するルートとしては一つ西の交差点を使うルートがあります。ただ、北行・南行で道が異なっていたり、住宅街の中なので夜間にここを通り抜けようと思う人はJR沿いの広い道に迂回したほうが懸命です。

淀キリ西館

建物の工事は2017年2月現在で、西館はほぼ基礎を残すのみ。

淀キリ本館

旧本館も中心部分はほとんど解体されています。

淀キリ

あとはこの空中通路と、

淀キリ

撤去するならばこちらも大掛かりになりそうな立体駐車場のタワーが残るだけ。昔から親しまれてきた光景がどんどんと変わっていってしまいますね。跡地がどうなるのかはまだ確定していませんが、これからどうなっていくのか楽しみですね。

旧淀川キリスト教病院本館はここ

34.736264, 135.512283

(あわわ)

[blogcard url="http://higashiyodogawaku.goguynet.jp/2017/02/25/20170225/"]

LINEで送る

2017/03/03
ページの上へ