こども+アートな展示会がKEIDAIギャラリーで開催中!見に行ってみたら個性が爆発してました!

LINEで送る

こどもなーと

2014年にオープンした認可小規模保育園のこどもなーと保育園。上新庄に系列の保育園が他にも2つあるこちらの保育園がなんと展示会を開催しているということなので行ってみました。

こどもなーと

会場はかみしんプラザ近くにある大阪経済大学70周年記念館の1階にあるKEIDAIギャラリー。さっそく中に入ってみると、

こどもなーと

黒い紙に謎の人の形が!!
実はこちらは身体測定の時に子供たちの身体に沿ってなぞった形。

こどもなーと

それに子供たち自身が身体について思いつくものを書き加えたものなんです。先程の絵のお腹部分は丸く塗られていましたが、描いた子には弟がいて、お母さんのお腹が大きかったときのことを思いながら描いたのかもしれません。

こどもなーと

こんな感じの絵や、普段保育園で遊んでいる子供たちの様子を写した写真が並んでいます。こどもなーと保育園は表現する喜びを感じてもらいたいからと好きなだけお絵かきができるようになっているそうです。

こどもなーと

窓ガラスや壁にも書き放題。身体よりも大きなキャンバスに絵を描く経験はなかなか出来ないのでみんな生き生きとお絵かきをするそうですよ。まだ絵の上手下手なんてないので、みんな自分が「楽しい」と思える絵を描いています。

こどもなーと

会場にはクレヨンも用意してあって、

こどもなーと

大きな紙にお絵描きすることも出来ますよ。他の保育園、幼稚園に通う子供もここでいっぱいお絵描きしてみるのはいかがでしょうか?

こどもなーと

他にも光に合わせて落書きしたり、音に合わせてクレヨンを走らせたりと他の保育園とはちょっと違った内容で子供たちが遊んでいるようです。以前にはちちんぷいぷいで取材もされたみたいです。

こどもなーと

このイベント、こどもなーとのほいくてんは今年が初開催。普段は遊ぶ様子を見られない保護者だけでなく、他の保育園の先生なんかも見に来ているそうですよ。

こどもなーと

イキイキと遊ぶ子供たちの笑顔はステキですね。入場無料で誰でも見学できるそうです。子供たちの笑顔と作品に癒やされてみませんか?

こどもなーと

開催は12日(日)まで。最終日には滋賀短期大学幼児教育学科の手良村 昭子教授を招いてのシンポジウムも行われるそうです。子供たちの自由な表現力を活かす子育ての参考に行ってみてはいかがでしょうか?

こどもなーとのほいくてん
開催日時:2017年3月4日(土)~12日(日)
     平日12:00~18:00
     土日10:00~17:00
(最終日シンポジウムは15:00~)
場所:大阪経済大学70周年記念館1階 KEIDAIギャラリー
   東淀川区大桐2−8−11
入場料:無料

東淀川区大桐2−8−11

(あわわ)

[blogcard url="http://higashiyodogawaku.goguynet.jp/2017/02/25/20170225/"]

LINEで送る

ページの上へ