神崎川堤防から小松小学校へと抜ける道が深さ2mにわたって陥没!復旧工事が続いています。※追記あり(7/24)

LINEで送る

神崎川の堤防

神崎川の堤防、小松橋・西江口橋間の南側に、

コマツ陥没

山口染晒工業や小松小学校の方へ抜ける自転車・歩行者専用道があって、こちらが昨日9日から通行止めになっています。※追記:21日17時から通行止めが解除されました(24日更新)
その理由とは、

小松陥没

道路の陥没!
なんと4メートル×10メートル、深さ2.1メートル(推定)に渡っての大穴が開いてしまったのです。
大阪市報道発表資料

小松陥没

実際に道路の表面が陥没したのは手前の斜線で覆っていない部分だけ(3m×4.6m)だけだったそうなのですが、それでも結構な大きさです。
幸いにも、この陥没による人的被害・物的被害は発生していないそうです。

小松陥没

原因はこの場所に埋まっていた下水道管の損傷だと見られています。なんらかの要因で下水管が破損し、周りを支えていた土砂が流れ、アスファルトの陥没につながったようです。
てっきり昨日9日の大雨が原因なのかと思ったら、陥没が発見されたのは昨日13時40分と雨が降る前。直接の関係は無さそうです。

小松陥没

10日昼過ぎには土留壁の設置工事が行われ、復旧に向けて作業が続いていました。ただ、通行可能になるまではまだもう少し時間がかかりそうです。

小松陥没

場所によっては迂回が必要になりますので、通行される方はご注意下さい。

※仮歩道が設置された為、20時~翌8時までは一部通行可能になります。全面復旧までは一週間程度を予定しており、安全確保の為、昼間の時間帯、8時~20時は全面通行止めになります。(7/11更新)

陥没場所はピンの東側

34.756228, 135.539820

(あわわ)

【注目!】上新庄・淡路のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット」はこちらから。東淀川

★号外NET-東淀川区-では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ

LINEで送る

ページの上へ