阪急に乗ってたら気になる、神戸屋の反対側に出来た巨大な建物!これはいったい…?

LINEで送る

阪急9300系

阪急に乗って、淡路駅と上新庄駅の間。神戸屋の工場横あたりは線路が盛土の上にあり、左右は駐車場や関西宇部の工場が広がり、少しだけ開けている場所でした。

菜乃花

ですが、昨年冬ごろから北側で工事が始まり、あっという間に線路際まで迫る大きな鉄骨の建物ができちゃいました。結構デカい建物ですが、いったいこれは何の建物だろうかと思い、調べに行ってみると、

上新庄逢花苑

特別養護老人ホームになるみたいです!
調べてみると、すでにホームページが出来ていて、

なんとこんなにも和の雰囲気の施設が出来るのです!
名前は「菜乃花(なのか)」といって、来年4月に完成予定だそうです。

しかも、老人ホームだけでなく、介護老人保健施設やショートステイなどなんと200床もある大規模な施設になる予定!
これからの時代はこういう大規模な老人ホームも増えてくるのかもしれませんね。

上新庄逢花苑

今はまっすぐ盛土の上を走る線路も、これから高架へと上がる工事が進んでいく…はず。(^^;)
阪急沿線の光景もどんどんと変わっていきそうですね♪

菜乃花はここ

東淀川区上新庄1丁目2

(あわわ)

【注目!】上新庄・淡路のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット」はこちらから。東淀川

★号外NET-東淀川区-では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ

LINEで送る

ページの上へ