9月1日から元赤川鉄橋近くの踏切が廃止!一部トラックなどが淀川北岸線を通り抜けられなくなる!?

淀川北岸線高架下トンネル化

淀川の堤防沿いを通る淀川北岸線
菅原から東淡路1丁目交差点にかけては西行きの一方通行となっていて、

淀川北岸線高架下トンネル化

元赤川鉄橋のところにはJRの踏切もあり、信号待ちの車が踏切あたりまで並ぶことも日常茶飯事となっています。

ですが、なんと来月9月1日からこの「亀岡街道踏切」が廃止されるのです!

先日、JRおおさか東線の新駅名も発表されたように、来年3月にはこの線路も旅客化。運行本数も増えるため、事故防止のために線路下を通る迂回路を通ることになるのです。

淀川北岸線高架下トンネル化

迂回路を東淡路側から見るとこんな感じで高架下を通って、今の道へ上がるためにちょっとした坂を登らないといけない状態。

反対側を見ると、

淀川北岸線高架下トンネル化

こちらも結構な急カーブ。
それに加えて、

淀川北岸線高架下トンネル化

なんと高架下を通るために高さ制限が設けられ、
車高2.8m以上の車両が通れなくなるのです!!

乗用車ではほとんど問題にならないかと思いますが、一部トラックでは高さ制限に引っかかってしまうかもしれませんね。

2.8mがどれぐらいの高さかというと、マイクロバスが標準仕様で車高2.6m前後なのでギリギリ通過できるぐらいです。
仮道路ということなので、今後周辺整備が進めば、高さ制限も緩和されるかもしれませんが、当面は注意が必要です。

淀川北岸線

制限に引っかかるトラックなどは菅原城北大橋の手前、新豊里団地の裏あたりで側道に下りて、16号大阪高槻線に迂回したほうが良さそうですね。
(この迂回路は学校が多いエリアを通るため、豊里大橋下で迂回したほうが安全です。)

ただ、この側道に降りる分岐点は夜になると真っ暗で見えにくいときもあるので、わかりやすく表示してもらいたいものです。

淀川北岸線高架下トンネル化

とりあえずは踏切の廃止ということで、東西の両側通行化はまだもう少し先。

交通量の多い場所なので早く整備が進むといいですね。

廃止される能勢街道踏切はこのあたり

(あわわ)

★号外NET-東淀川区-では、あなたからの情報提供をお待ちしております!情報提供はコチラ!LINEからもOK

2018/08/12
ゴーガイハンドレッド100円お買い物イベント ゴーガイチケット東淀川区
ページの上へ