【東淀川区でがんばる人】スリランカ出身の池本ニルミニさん

LINEで送る

池本ニルミニ

 
スリランカ・コロンボ生れ。外資系の会社の秘書、警察官等を経て、1990年、大阪・鶴見緑地での「花搏」のコンパニオンとして来日(なんと応募のあった3万人の中から選ばれたそうです)、日本人男性と結婚し、20年間東淀川区に在住…という異色の経歴を持つ日本語も堪能な池本ニルミニさんをご紹介します。
 
ウィッキーさん
小松幼稚園での授業風景
 

長年、両国の架け橋として、国際交流・国際理解の活動されてきたニルミニさん。
小松幼稚園や淡路にあるアジア図書館などで英語やシンハラ語(スリランカの公用語)を教える傍ら、小学校に英語での読み聞かせに参加し、依頼があれば他市の小学校でも行って英語の本を読んであげるそうです。
お世話になったこの土地の子供の成長を願い、朝早くからにも関わらず頑張っていらっしゃいます。
また、スリランカについて子供達に教える為に、関西中の小・中・高校に訪問され、子供達の国際的感覚を養うのに貢献。
 
131925
小学校での読み聞かせ

 
その他、警察での翻訳のお仕事(外個人の犯罪者が捕まれば、夜中でも行かれるそうです!)や、
スリランカを紹介する講演活動(国際交流センター、公民館、ロータリークラブ、シニアカレッジ等の諸団体)も積極的にされているそうです。
 
nil3
大勢の方の前で講演されている様子。
 
スリランカは2009年に内戦が終わってから、高速が開通、第二国際空港もでき、もうすぐ南アジア最大の港も開港するなど、どんどん発展していっているようで、観光客が大幅に増加中、前年比で東京が647.7% 増、大阪が458.6%増、名古屋はなん と、1611.4%増 となっているそう。
 
map2
地図でみたらこのへん

 

スリランカは、北海道の8割ほどの国土ながら、テレビ番組などで紹介されているシーギリア・ロッ クなど世界遺産が8つ(文化遺産6つ、自然遺産2つ)もあるほか、 8月の満月の頃には 100頭ぐらいの象の群れ に遭遇できる「エレファント・パレード」や、約4000年以上前の北インドを発祥の地とする伝統的 医学療法、「アーユル・ヴェーダ」、ハーブ&スパイスドリンクなどが人気。日本でのアーユル・ヴェーダとは質が全然違うそうですよ。
また、ホスピタリティが高く、英語が通じやすく廉価で旅行ができることも人気の一つだそうです。
 
s
 

そんなスリランカと日本を繋ぐ活動を頑張っているニルミニさんですが、今後の夢は

①内戦で被災した方のサポートー車イスの人に義足の寄付など
②仕事の無い人の為に仕事をつくるー職業訓練センターなど
③日本の技術を活かし、農業の活性化、輸出
④土地を所有しているので、そこに美しい日本的なホテルの建設
⑤不要になったメガネをスリランカに送りたい

 
とくに⑤のメガネをスリランカに送るという夢は、もう進めているそうで、スリランカでメガネを買えない人の為にメガネの三城と提携し5000個を寄付する予定だそうです。
現在も絶賛募集中だそうですので、不要になったメガネをお持ちの方は、是非ニルミニさんにご連絡を!
 
nil2
メガネの三城が不要なメガネを調整してくれるそうです
 
また、④の土地は観光地に近いところに数カ所お持ちだそうなので、これからさらに発展するであろうスリランカで投資したいと思う方も、ぜひニルミニさんにご連絡下さいとのことでした。
 
5・6人のグループのでしたら、スリランカへ一緒に行って案内しますよ、とも。
 
東淀川区とスリランカをこよなく愛すニルミニさん、取材ご協力ありがとうございました!
 
池本ニルミニさんへの連絡先はこちらへ。
nirumini7@gmail.com

ウィッキーさん
※同じスリランカ人のウィッキーさんと(懐かしい!)

(ノット)

LINEで送る

2014/06/29
ページの上へ