【超・悲報】阪急淡路駅付近の高架完了が7年も遅れ、高架切替は9年後に!

 阪急京都線・千里線の連続立体交差事業高架橋

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業として淡路・下新庄・崇禅寺・柴島あたりを高架にする工事が着々と行われているはずだったのですが…

阪急高架 延期

とこだ正勝市議会議員のHPより引用

高架切替は36年と…なんと7年!も遅れるようです。

これまでも長い間工事してて、いつできるねん!という感じでしたが、さらに7年延長とか、あまりにも遠すぎます。
淡路周辺のお店の方は待ち焦がれていたでしょうし、お住まいの方も、工事はもう少しの辛抱と思っていたかと思います。

私も淡路も変わっていってどんどん栄えていってもらいたいなーと思っていたんですが…

阪急高架 延期

遅延の大きな原因は用地の取得の難航が主な原因のようで、27年8月現在で約90%が完了。残り10%がなかなか…という状況のようです。今まで住み慣れたところを離れるのは抵抗がある方もいらっしゃるんでしょうね。

高架切り替えまで9年…気長に待ちましょう(´_`。)

(ノット)

 

 

2015/10/08
ページの上へ