【東淀川区】世界に唯一のくじら橋!瑞光寺の雪鯨橋が改元と共に架け替え。クラウドファンディングが行われていますよ!

2019/04/13 06時58分

瑞光寺雪鯨橋

瑞光にあるお寺「瑞光寺」
こちらの境内のなかには、

瑞光寺雪鯨橋

本物のクジラの骨でできた奇橋「雪鯨橋」(通称:くじら橋)がかかっています。
出来た経緯などについては区役所に解説などがありますが、江戸時代に架けられ歴史と文化、仏教の教えを伝える世界で唯一の橋です。

くじら橋雪鯨橋

現在の橋は欄干部にクジラの骨が使われているのですが、生き物の骨ということもあり、次第に風化してしまいます。
そこで、これまでには約50年周期で新しい骨に架け替えられ受け継がれてきました。現在かかっている橋は2006年に架け替えられた6代目です。

瑞光寺雪鯨橋

ですが、現在はまだ13年ほどしか経っていないにも関わらず激しく傷んでしまっている状態。周りの植生などが影響し、このままでは50年はとても持たない状態。

そこで、4年前より和歌山県太地町の協力を得て、新しく架けかえる骨を確保していました。

瑞光寺雪鯨橋

そして、折しも新元号になる今年5月に雪鯨橋を架け替えることになったのです!
宝暦、文政、明治、大正、昭和、平成そして令和と架け替えが行われることになります。

ですが、架け替えには500万円という多額の費用がかかるため、その一部が現在クラウドファンディングによって募集が行われています。

くじら橋雪鯨橋瑞光寺

架け替えの予定は

着工予定:2019年4月15日

竣工予定:2019年5月12日

落慶法要:2019年5月16日

と約1ヶ月後には新しい橋がお目見えできそうです!
地元の宝ともいえる橋の架け替え。クラウドファンディングのサイトでは橋の歴史や想いについてもまとめられてるので必見ですよ。
ぜひ支援してみてはいかがでしょうか?

【新元号令和を祝い「雪鯨橋」の架け替えにお力を添えを。 – Readyfor】

くじら橋のある瑞光寺はここ

(あわわ)

ジモネタ東淀川区

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ