140年前の国鉄遺構がついに無くなる!阪急下新庄駅北側で線路切り替えが行われました。

LINEで送る

下新庄高架切替

先週22日夜、阪急千里線 下新庄駅の北にある下新庄踏切で高架工事に伴う、上り線の仮線切り替え工事が行われました。

終電後に行われた工事の為、千里線のユーザーにとっては「いきなり変わってる!?」と思った人もいるかもしれませんね。

下新庄高架切替

上下線ともに仮線へと移動し、これからは旧線のあった場所で高架工事が進んでいくことになります。

この旧線の廃止に伴い、

下新庄高架切替

写真手前の橋、神崎川を渡る新神崎川橋梁も廃止となってしまいます。こちらの橋、ぱっと見た感じはただ普通の鉄道橋といった感じなのですが、

下新庄高架切替

実はこの途中で使われているレンガ積みの円柱の柱。これはなんと今から141年前から使用されてる柱なのです!

新橋停車場跡
(東京都・新橋停車場跡0マイル標識)

1872年(明治5年)に新橋駅ー横浜駅間で日本で最初の鉄道が開通しましたが、その後、関西地方でも鉄道の敷設が進められ、1876年(明治9年)に大阪駅ー向日町駅間で国鉄(今のJR)の旅客線が開業しました。

shimoshinjoukirikae
(明治44発行1/20000「吹田」等 この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。)

実はその開業当時は今と通る場所が異なり、崇禅寺から下新庄あたりを走り、吹田へと走っていたのです。この時、神崎川を渡る橋に使われていたレンガ積みの柱が一部現代でも使われ続けているのです。ちなみにこの旧東海道線は1915年に現在のルートへと付け替えが行われ、その廃線跡が阪急の前身である北大阪電鉄に払い下げられたことで現在の阪急千里線へと至ることになります。

下新庄高架切替

鉄道ファン以外にはあまり知られていませんが、140年以上も歴史ある遺構だったのです。知らなかったという人は高架橋が建設される前に一目見てみるのはいかがでしょうか?

下新庄高架切替

歴史的な情報以外にも下新庄駅周辺での現代の情報も一つ。

以前は東口出たところすぐのマンション1階に格安きっぷの自販機が設置されていましたが、マンション工事が始まるにあたり、自販機も撤去。どこかにないかと探してみると、

下新庄高架切替

駅前からUFJ銀行のATM方向に進んだ先の昨年10月にオープンしたBAR「GAKU」の入り口前に設置されていました!ちょっと駅入り口からは離れてしまったので利用される方はご注意ください。

下新庄高架切替

日本の鉄道黎明期から歴史を紡いできた遺構から、これからの未来を支える高架橋へと時代の転換点に立ち会うことになりそうですね。便利で使いやすい鉄道となるように早く高架切り替えが迎えられることを願います。

新神崎川橋梁はこのあたり

34.749872, 135.518959

☆まゆっくまさん情報提供ありがとうございます☆

(あわわ)

【注目!】上新庄・淡路のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット」はこちらから。東淀川

★号外NET-東淀川区-では、あなたからの情報提供をお待ちしております!
情報提供はコチラ

LINEで送る

ページの上へ